コーヒーの効果

コーヒーの知られざる2つのダイエット効果とは?

更新日:

コーヒーにはあまり知られていませんがダイエットの効果もあるんです。もちろんコーヒーだけで痩せるのは難しいのですが、コーヒーが好きでダイエットもしたい!という方は、手軽に取り組めますので試してみてはいかがでしょうか。

コーヒーのダイエット効果は大きく2つ

コーヒーには色んな効果がありますが、ダイエットに有効な効果として主に2つがあります。

  • カフェインによる効果
  • クロロゲン酸による効果

異なった2つの効果によって、ダイエットにもかなり貢献してくれるんですよ。その効果の原理を説明しますね。

カフェインによる効果は運動とセットで

コーヒーにはカフェインが含まれているのは誰でも知っていますよね。このカフェインがダイエットに大きく関係しているんです。

カフェインによって脂肪がエネルギー源として使われやすい

カフェインには脂肪の燃焼を促してくれる働きがあります。運動前に飲む事で、運動によるダイエット効果をUPする作用があるんですよ。

通常、有酸素運動を開始すると、始めの20分程度は優先的に糖質が多くエネルギーとして使われます。

20分くらい経った頃から脂肪が使われる割合が増えていきます。有酸素運動が20分以上やった方が良いと言われるのはこのためなんですね。

それで、カフェインをトレーニング前に摂取すると、エネルギー源として糖質を使わずに脂肪を多く使うように働きかけてくれるんです。

つまり同じ運動をする場合でも、コーヒーを飲んだあとはより多くの脂肪が使われますので、運動によるダイエット効果を高めてくれる事になるわけです。

カフェインの鎮痛作用でもう少しが頑張れる

さらに、筋トレにもカフェインは相性が良いと言われています。筋トレって筋肉に負荷をかける訳ですから筋トレ中には痛みが伴います。

しかし、カフェインには痛みを和らげる作用がありますので、筋トレをより頑張れるようになるんです。つまり限界値が伸びる可能性があるんですね。

カフェインには血行を良くする働きも

カフェインは血行促進の効果もあります。からだ全体の血流が良くなれば体温も上昇して新陳代謝も良くなり、痩せやすい体作りができますね。

血行が良くなれば冷え性や肩こりなどの改善も期待できます。特に女性は冷え性の方が多いので、ダイエットと合わせれば効果抜群かもですね。女性の方にとっては、特にありがたいですね。

カフェインには利尿作用も!

コーヒーを飲むと、良くトイレに行きたくなりませんか?これはコーヒーに含まれるカフェインによる利尿作用が影響しています。

体に溜まっている余計な水分や老廃物を排出してくれますので、むくみの改善やアンチエイジング効果なんかも期待できますよ。

クロロゲン酸がミトコンドリアを活性化!

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という成分が含まれており、これがダイエット効果をもたらしてくれます。

まず、クロロゲン酸はミトコンドリアを活性化させる働きがあります。

ミトコンドリアは肝臓の細胞内に多く存在し、脂肪を燃焼させてエネルギーに変えてくれているんです。

なので、当然ミトコンドリアが活性化されれば、より脂肪燃焼も活発に行われ、ダイエット効果が得られるというわけですね。

コーヒーの知られざる2つのダイエット効果とは? のまとめ

コーヒーは美味しいだけじゃなくって色んな効果を秘めていますね。ダイエットの効果もその一つで、上手に取り込みたいですね。

コーヒーが好きでダイエットもしたいという方には朗報です。

下手なサプリなんかを飲むよりも、コーヒーなら多くの方が長年飲んでいるので安心ですし、手軽に取り組めてオススメですよ。

さらに飲み方にも工夫すればより効果を大きくする事もできます。

⇒『コーヒーのダイエット効果を最大限引き出す飲み方のコツ6点

美味しいコーヒーを楽しみつつも、ダイエットにも成功できれば、一石二鳥で生活にもちょっとした潤いができますね。

どうせなら、豆からつくる本格的なコーヒーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

⇒コーヒー豆おすすめ通販ランキングを今すぐ見てみる

 

-コーヒーの効果
-, ,

Copyright© コーヒー豆通販サイトおすすめランキング , 2019 AllRights Reserved.