コーヒーの効果

コーヒーの香りによる癒やしの効果と3種類の香りとは?

更新日:

コーヒーを飲む事で、何か不思議と落ち着く時って無いですか?実際コーヒーには癒やしの効果となる様々な作用があるんです。

コーヒーを挽く時から香る強くて独特の香り。コーヒー好きとしてはこの香りも重要なポイントです。この香りだけでもなんだかホットするものですよね。

脳医学的にも証明されているコーヒーの香りによるリラックス効果

実際に脳医学的な研究でも、コーヒーの香りによってリラックス効果が得られるというのは証明されています。

人はリラックスしている時に脳からアルファ波が多くでるのですが、コーヒーの香りによってこのアルファ波が発生する事が分かっているんです。

コーヒーってイライラしている時にでも人を落ち着かせる効果がありますよね。

コーヒーのリラックス効果は昔から認識されていた?

古い映画のワンシーンで、パニック気味の知人が突然家に訪れた際に、今からコーヒーを淹れるからそこに座ってまっていろ、話はそれからだ、みたいなシーンがあったのを覚えています。

なんの映画かは忘れてしまいましたが、昔からコーヒーは人を落ち着かせる効果があると一般的にも認識されていたんですね。

コーヒーを飲むのが苦手という人でも、香りだけは好きなんだけどという方も結構いらっしゃいます。

コーヒーの香りはかなり万人に受け入れられやすく、リラックス効果のある香りといえるでしょう。

本格的なコーヒーは淹れるときから香りに癒やされる

コーヒーは飲むときだけではなく、淹れるときから楽しめる飲み物です。豆から購入して飲むコーヒーなら、是非全ての工程を楽しみたいですね。

コーヒーの香りには大きく分けてフレグランス、アロマ、フレーバーの3種類があります。

コーヒー豆を挽く時の香り「フレグランス」

まずコーヒー豆を細かく砕く工程。つまり豆を挽く時の香りです。この香りを一般的にフレグランスと呼びます。

コーヒー豆は何もしなくてもそれ自体に香りがありますが、豆を挽く際にはすごく香りが立ってきますよね。

この香りを味わいたいがために、自らコーヒー豆を挽くという人も多いでしょう。豆からつくるコーヒーの醍醐味ともいえますね。

このフレグランスは非常に強い香りで、香水として実際に商品化もされています。

コーヒーを淹れる段階から感じられる「アロマ」

挽いたコーヒー豆にお湯を注ぐ段階から、コーヒーを淹れてカップに注いだ直後まで感じられる香りが「アロマ」です。

アロマはコーヒーに含まれるオイルから香るもので、この香りこそが最も心を癒やしてくれる効果があります。

コーヒーって淹れるときからなんだか落ち着いてリラックスできる、という方も多いんじゃないでしょうか。

確かにコーヒーを淹れている人を想像してみると、落ち着いて淹れている情景が浮かんできませんか?険悪な感じで淹れている姿って何か想像し難いですよね。

コーヒーは淹れる際にも癒やしを与えてくれるんですね。

コーヒーを飲む際の香り「フレーバー」

最後に実際にコーヒーを飲む時に香るのが「フレーバー」です。

これはコーヒー豆の違いによって最も大きく差がある香りであり、よくチョコレートやはちみつ、フルーツなんかにも例えられますね。

美味しいコーヒーは口に含んだ瞬間にその豆独特の芳醇な香りが楽しめるものです。

コーヒーの香りによる癒やしの効果と3種類の香りとは? のまとめ

豆から淹れる本格的なコーヒーは、飲むだけではなく、その準備段階も含めて楽しめる飲み物ですね。

コーヒー好きなら是非その全行程を楽しみましょう。その為にはコーヒー豆には是非ともこだわりたいですよね。

良質で鮮度にもこだわったコーヒー豆を購入するならネットでの通販を利用するのがオススメです。

新鮮な豆を送り届けるために、注文を受けてから焙煎するコーヒー豆店を選ぶと良いでしょう。

このサイトでは、良質な豆を厳選し、高品質なコーヒー豆を新鮮な状態で届けてくれるお店を厳選してピックアップし、さらにランキングしています。

本物の美味しいコーヒー豆を購入したいという方は是非チェックしてみて下さい。

 

⇒コーヒー豆おすすめ通販ランキングを今すぐ見てみる

 

-コーヒーの効果
-, ,

Copyright© コーヒー豆通販サイトおすすめランキング , 2019 AllRights Reserved.