コーヒーの豆知識

コーヒー豆ならスペシャルティコーヒー!その定義や意味とは?

投稿日:

コーヒー豆専門店などでたまに耳にするスペシャルティコーヒー。なんとなく特別なコーヒーで値段が高くて美味しいのかな?と思いつつも、その意味を把握している人は少ないようです。

スペシャルティコーヒーの定義は幅広い

実はスペシャルティコーヒーの定義は、コーヒー豆の種子からカップに注がれて飲む人が満足するまでの一貫した工程なり品質管理が徹底している事を指します。

つまりコーヒー豆だけの事に限らないんですね。しかし、自宅でコーヒーを楽しみたい人にとっては、一般的には焙煎されたコーヒー豆そのものを指す場合がほとんどだと思います。

そのような幅広い定義のスペシャルティコーヒーについて、コーヒー豆を購入する人の視点で、どういうコーヒー豆がスペシャルティコーヒーというのかを説明しますね。

コーヒー豆に対するスペシャルティコーヒーの定義

スペシャルティコーヒーって、美味しいコーヒーには間違いないのですが、購入するならその意味を知りたいですよね。スペシャルティコーヒーのポイントを見ていきましょう。

生産地での管理

スペシャルティコーヒーと名乗るには、以下の工程において、コーヒー豆の生豆の品質管理が適切に行われている必要があります。

  • 栽培管理
  • 収穫
  • 生産処理
  • 選別

これらが適切に管理、運用され、欠点豆の混入が極めて少ない生豆である必要があります。

販売店からユーザーに届くまで

欠点豆が少ない良質なコーヒー豆が、適切な保管と輸送方法によって、極力劣化しない状況で販売店に届ける必要があります。

そのうえで、コーヒー豆に適した焙煎加減で販売管理も徹底して行い、新鮮な状態でユーザーのもとに届く事。

要はシッカリ管理されているので安心できるコーヒー豆という事

以上がざっくりとした、コーヒー豆に対するスペシャルティコーヒーの定義です。

つまり、あなたがスペシャルティコーヒーを注文し、手元に届くコーヒー豆は、ある一定以上の品質が確保されていると考えてい良いわけですね。

スペシャルティコーヒーは飲むまでが定義の範囲

今回紹介したスペシャルティコーヒーの定義は、コーヒー豆に対してに絞って説明しました。

しかし、スペシャルティコーヒーの定義は幅広く、最終的にはユーザーが飲むまでの工程に対してなんです。

ですので、スペシャルティコーヒーの豆を購入したら、適切な方法で挽いて淹れることも必要なんですね。

最終的には、風味が素晴らしく美味しいコーヒーであり飲む人が満足でき、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒーらしさの後に甘さの感覚で消える。

というような感想を、飲む人が感じて、初めてスペシャルティコーヒーといえるわけですね。

ですので、コーヒーの消費者として、スペシャルティコーヒーを飲むためには、以下の2点を実施すれば大丈夫です。

自宅でも良質なスペシャルティコーヒーを毎日飲んで、優雅なひと時を過ごしたいですね。

-コーヒーの豆知識
-, ,

Copyright© コーヒー豆通販サイトおすすめランキング , 2019 AllRights Reserved.